月読 その七

さぶっ…!と思ったら開いてた。

人がかっこつけていて、その背景的に人の顔がバーンと生えているという、アニメなどによくある
構図を描く練習。なので無意味に弓流がいるわけです。
あと、変わったことといえば、この絵はいつものスキャナではなくデジカメで撮影して
デジタル化したわけですが、なんかいまいち。
スキャナの永遠の課題だった色合いは解決しましたが、その代わり暗い。
大分これでも大分明るくしたのですが、なんか暗い。これ以上やると肌色が飛びます。
それでなくても現時点で手事態が飛んでしまい、カッコ悪い修正の仕方をしているとゆうのに。

それにしても……月読にしては手足が長いなぁ
まぁいいか。

前の絵 自画自賛展に戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO